←左側にフレームが表示されないときは、一旦こちらのTOPページからお入りください。


 MILITARY JIMNY MANIA!! (30)

 

 

   こっちも欲しいぞMILITARY JIMNY

 

 私のMILITARY JIMNYは完成域に達したと思っているのですが、これを作成した知人からまた(汗)写真が送られてきました。

 今度はM38ではなく、MB/GPWタイプです。もちろん、彼自身が乗るために作製したもの。
 ベースはJA11-H5年(なぜかAT)。 ATはちょっと邪道だけど、出来上がりは 非常に良くなっています。
 特筆すべきことはこのボディの最大の欠点でもある、フロントタイヤよりもグリルが前にある状態が少し改善されたこと(本物のジープはフロントタイヤよりもかなり後ろにグリルがあるのですが、ジムニーの場合、ラジエター位置のせいでどうしてもグリルが前に来てしまう)

 それが約10センチセットバックされたグリルのせいで、フロントタイヤとマスクが面一になってかなりかっこよくなっています。
 他にも色んなところがうまく作られていて、今まで見苦しかった細かいところの仕上げやデザインが大幅に改善されていて感心しました。
 正直、かなり欲しいですが、それ以前にベースがベースなので、 自分好みに合わせようと思うとまた今までのように苦労するのは必至なので(汗)、手が出ないのも事実です(笑)。ACもなさそうですし、ジムニー1台がファミリーカーの私には ちょっと無理かな。

 製作に1年以上かかったそうですが、次の車両製作にかかるということで売却されるそうです(売却済み2008.8.11)
 掲載依頼がきましたので、興味のある方はお取り次ぎします。(詳細の拡大写真もありますので希望の方には送付します)
 
連絡は完成ページのこちらからどうぞ 。 
 追記2008.8.11 この車両については売約済みだそうですが、同じ物を車両持ち込みなど相談に応じるそうです。世界にひとつしかない、排ガス規制にも関係のない永遠のMBジープです。維持費は安いのでセカンドカーに如何でしょう?

 以下は制作中のもの。完成後の写真と連絡はこちらです。

普通なら廃車になるくらいのこんなボロボディも彼の職人技で復活です。 切った貼ったで製作したMBグリル 製作されたパーツ群
プラモみたいですね(笑) 最初にインパネ部分をFRPで成型。 サイドパネルなどはボンデ鋼板で製作。
サイドシル部分の処理が私のより抜群 に改善されていますね(汗)。 フェンダーも手曲げ。 やっぱりミリタリーはODに塗装ですよね。タイヤもゲタ山 が似合います。
H5なのでパワステ付きですね。 そっか、エアコンのコンデンサーが無いからセットバック出来た訳ね。 タイヤと面一となったフロントマスク。マスクはもっと後ろに下げたいところですが、JA11ではこれが限界かも。 リアゲートの処理も完璧のようです。
ハンドルも5pセットバックされています。
ATはちょっと惜しいなあ(笑)。
出来具合は抜群ですね〜。 フロントフェンダーの処理に職人技を見いだせます。私のもこんな風に作り直して欲しい(笑)。

 完成後の写真はこちらです。

 

 MBではありませんが、下記の車両はジムニープラス(jimny plus)というジムニー専門誌にも載ったそうです(私は見てませんが(汗))。
 H2年式JA11、5速MT 2007.07.24 に売れたそうです
 
基本的に私のJA11と造りは同じです。 私のと違ってすっきりしてますな(笑) ウインドウはジープ(J3?)のもの。
B.O.ランプなどはついていません。やっぱしジープはフルオープンがカッコイイ! ここではトップボウがついています。トップボウを使った写真はありませんが、こんな感じになるはずです。 こちらはビキニトップの状態。

 

       次のページへ

      
前のページへ

        トップに戻る